イースター&イエス・キリストの本当の誕生日(4/17)もお祝いしよう!

 イースター(復活祭)は、イエス・キリストが十字架の上で磔になって亡くなられてから3日後に、科学的な方法によってよみがえり復活されたことをお祝いするお祭りです。また、私たちは、今日、イエス・キリストが現代の科学技術によって、紀元前6年4月17日(土)に誕生したことがわかっています。私たちは、世界中のすべてのキリスト教徒の間で、 毎年、イースター(復活祭)と一緒に、イエス・キリストの本当の誕生日である4月17日もお祝いしましょう。

 私も昔、末日聖徒イエス・キリスト教会で洗礼を受ける前に、宣教師たちからレッスンを受けた時に、「イエス様は、イスラエル地方で羊の放牧がなされる春の季節に、本当はベツレヘムで誕生された」ということを教えていただいたのですが、今まではっきりした月日が判明していなかったので、単に「クリスマスは、12月25日である。」として来ました。12月25日という日付は、バビロニア地方において盛んだった ミトラ神教の救世主ミトラが生まれた日で、イエス・キリストの正確な誕生日がわからなかった時代にミトラの誕生日を拝借したのだそうです。そして、中世になってから、カトリック教徒らを中心に広くクリスマスが盛大にお祝いされるようになったのだそうです。 (昔は、月齢28日間で1ヶ月という「陰暦」を採用していたので、昔の冬至の日は、12月25日頃になっていました。しかし、現在では、「太陽暦」を採用しているので、1ヶ月約30日間となり、現代の冬至の日は、12月22日頃になっています。)さらに、イエスを訪問した羊飼いらは、春の4〜5月に羊の出産に備えて、寝ずに、羊の番をするのだそうです。当会「ユートピア・ネットワーク」では、全世界中のキリスト教徒の間で、イエス・キリストの本当の誕生日もお祝いできることを願っています。

 2002年12月に、衛星放送のスカイパーフェクTVのヒストリーチャンネルで、クリスマス特集番組「聖夜の研究」の中で、「ベツレヘムの星」について取り上げられていました。その中で、天文学者「マイケル・R・モルナー博士」の説が紹介されていました。彼は、ある展示会で、「ベツレヘムの星」を連想させるような昔のコインを発見しました。そのコインは、西暦13年にシリアで鋳造されたもので、その片面には、「王」を表すギリシャ神話のゼウスが描かれており、別の片面には、12星座の羊が空を飛びながら、東方に輝く星を振り返っている様子が描かれていました。古代の星座は、特定の地域も表しており、牡羊座は、「ユダヤの地イスラエル地方」を表していました。その昔のコインを見つけてから、モルナー博士は、「ベツレヘムの星」の研究をするようになり、イエスが誕生した時にバビロニア地方から訪れたマギたちが占星術を用いて未来を予言する学者であったことから、バビロニア占星術が「ベツレヘムの星」に関係していると考え、「木星食の時にイエスが誕生した。」という現在の説に至ったそうです。当会では、天文学者「マイケル・R・モルナー博士」の「アンティオケのコイン」から発した「ベツレヘムの星」に関する説を支持し、天文シミュレータのソフトウェアで検証した結果、イエス・キリストの本当の誕生日が紀元前6年4月17日(土)であることを確信しました。

 また、星占いでは、生まれた時に太陽が位置している星座を、その人のお誕生日の星座としています。しかし、地球の自転軸が変わっていく歳差運動によって、現在やイエス様が誕生した今から約2000年前には、星占いが創作された今から約3000年前とは違ってしまい、実際には、魚座の位置に太陽が位置していました。初期のキリスト教徒たちが、「魚」をイエス様を象徴する印として用いたことも、ここから始まっていたのです。

(1)イエス・キリストは、牡牛座の上に位置する水星と火星、牡羊(雄羊)座の上に位置する太陽、木星と月、そして、魚座の上に位置する土星、金星と天王星の影響を受けて、紀元前6年4月17日土曜日午前11時00分頃に、イスラエルのベツレヘムで生まれました。木星は、ギリシャ神話の「ゼウス」と「王」を意味します。また、同様に、牡羊(雄羊)座は、「イスラエル」と「生け贄」を意味します。そして、この時の木星食は、「イエスが将来、他の人によって殺される」ことを暗示していたと思われます。さらに、太陽系の惑星たちの「王」をも意味しています。 血液型AB型。イエスの両親がアルビノ遺伝子を保有していたために、イエスの髪の毛は金髪で、目の色は水色で、肌の色は白色でした。

(2)洗礼者ヨハネは、蠍座の上に位置する太陽と海王星の影響を受けて、紀元前7年10月30日金曜日午前6時00分頃に、イスラエルのユダヤで生まれました。(洗礼者ヨハネの誕生日は、太陽と海王星が最接近した紀元前7年10月28日を含む3日後ですが、これは、洗礼者ヨハネの生まれ変わりで、洗礼者ヨハネと同じ役割を持つ、現代の最後の預言者クロード・ボリロンの誕生日が、太陽と海王星が最接近した西暦1946年10月2日を含む3日前の西暦1946年9月30日 月曜日であることと関連しています。) 洗礼者ヨハネの血液型は、彼のプロファイルから推測して、たぶん、AO型と考えられます。また、 イスラエルのユダヤ地方には、古代エジプトへ売られたヨセフの兄「ユダ」の子孫たちが住んでいたと思われます。

 それ故に、世界中のすべてのキリスト教徒の間で、イエス・キリストが紀元前6年4月17日に誕生したことを認め、イエス・キリストの本当の誕生日を祝うべきです。

 さらに、私たちは、世界中のすべてのキリスト教徒の間で、毎年、イースター(復活祭)と一緒に、イエス・キリストの本当の誕生日である4月17日もお祝いしましょう。そして、今まで、イエス・キリストの誕生日としてお祝いしてきた「クリスマス」をキリスト教徒のための特別な日とし、「私たちの創造主たちエロイムと私たちの救世主イエス・キリストに対する信仰を告白し、確認する日」として、お祝いしましょう。

参考HP:アイリーン・レクチャー(4)私たちの救世主「イエス・キリスト」












最新情報
1.ホームページを一新しました。
2.YouTube動画での情報発信に力を入れています。


ユートピア・ネットワーク  ご感想、ご質問などは、 まで。無断転載禁止 Copyright: (C) 1996- Utopian Network, All Rights Reserved.     Sr. H.E.666